印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

東松戸保育園 食育



食育

食育の目標

 現在をもっともよく生き、かつ、生涯にわたって健康で質の高い生活を送る基本としての「食を営む力」の育成に向け、その基礎を培うことが保育園における「食育」の目標です。

 そこで保育園では、食を楽しく、楽しく食べるこどもへ成長することを期待しつつ、以下の実現をめざしています。

  • お腹がすくリズムのもてる子ども
  • 食べたいもの、好きなものが増える子ども
  • 一緒に食べたい人がいる子ども
  • 食事づくり、準備にかかわる子ども
  • 食べものを話題にする子ども
保育所保育指針より

食育の5項目

 子どもの食を営む力の基礎を培うために必要な経験の内容を「食と健康」「食と人間関係」「食と文化」「いのちの育ちと食」「料理と食」の観点から考えます。

食と健康

 食を通じて、健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活を作り出す力を養う。

食と人間関係

 食を通じて、他の人々と親しみ支え合うために、自立心を育て、人とかかわる力を養う。

食と文化

 食を通じて、人々が築き、継承してきた様々な文化を理解し、作り出す力を養う。

いのちの育ちと食

 食を通じて、自らも含めたすべてのいのちを大切にする力を養う。

料理と食

 食を通じて、素材に目を向け、素材にかかわり、素材を調理することに関心を持つ力を養う。

東松戸保育園の給食

 東松戸保育園の給食は管理栄養士の指導のもとベテランの調理師が手間をかけて和食中心のヘルシーな食事を提供しています。

 食の安全の観点から食材のほとんどを国産にこだわり使用しています。だしにおいては顆粒のものを使用するのではなく、毎朝、かつお、こんぶからだしをとるなど手をかけて調理しています。

 また、年齢・発達に応じて食事を分けるなどきめ細やかな対応をしています。アレルギー対応に関しては、異なる食事を与えるのではなくなるべく、他の子どもとメニュー自体に差がでないように、食材、調理を工夫してバランスをとっています。


食育に関する各発達段階のねらい

0〜2歳児

0歳児
お腹がすき、乳を吸い、離乳食を喜んで食べ、心地よい生活を味わう。
安定した人間関係の中で、乳を吸い、心地よい生活を送る。
いろいろな食べ物を見る、さわる、味わう経験を通して、自分ですすんで食べようとする。
1歳児
お腹がすき、食事を喜んで食べ、心地よい生活を味わう。
いろいろな食べ物を見る、さわる、噛んで味わう経験を通して、自分ですすんで食べようとする。
2歳児
いろいろな種類の食べ物や料理を味わう。
食生活に必要な基本的な習慣や態度に関心を持つ。
保育士を仲立ちとして、友だちと共に食事をすすめ、一緒に食べる楽しさを味わう。

3歳児以上

食と健康
できるだけ多くの種類の食べ物や料理を味わう
自分のからだに必要な食品の種類や働きに気づき、栄養バランスを考慮した食事をとろうとする。
健康、安全など食生活に必要な基本的な習慣や態度を身につける。
食と人間関係
自分で食ができること、身近な人と一緒に食べる楽しさを味わう。
様々な人々との会食を通して、愛情や信頼感を持つ。
食事に必要な基本的な習慣や態度を身につける。
食と文化
いろいろな料理に出会い、発見を楽しんだり、考えたりし、様々な文化を気づく。
地域で培われた食文化を体験し、郷土への関心をもつ。
食習慣、マナーを身につける。
いのちの育ちと食
自然の恵みと働くことの大切さを知り、感謝の気持ちを持って食事を味わう。栽培、飼育、食事などを通して、身近な存在に親しみを持ち、すべてのいのちを大切にする心を持つ。身近な自然にかかわり、世話をしたりする中で、料理との関係を考え、食材に対する感覚を豊かにする。
料理と食
身近な食材を使って、調理を楽しむ。食事の準備から後片付けまでの食事づくりに自らかかわり、味や盛り付けなどを考えたり、それを生活に取り入れようとする。
食事にふさわしい環境を考えて、ゆとりある落ち着いた雰囲気で食事をする。


自立への大いなる一歩は満足なる胃にあり<Seneca>