印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

保育方針・理念

ひとりひとりのこどもを大切に育てます。

ていねいな保育

 個人の成長、個々の発達、個々の事情を理解し、乳児では担当制の中で基本的生活習慣をふまえて自立できるように、ていねいに保育します。幼児は仲間関係が広がり、集団のなかで自己主張できる子どもが育つように、学びながら生活していきます。

保育目標

1) 〜工夫のできる子ども〜
思うの字は只、是れ工夫の字のみ

解釈:事をおこす際は、まず”心”のなかで思うものである。さらに、その思いを実行するためには”考える”ことが必要である。自分であれば、どのようにしてその思いを実現するのかを”考える”こと、それが工夫というものであり、創意工夫は、独立自尊の精神を育み、心に寛容さをも与える。

これからの子どもたちに身につけてほしい力、“生きる力”。そのためには、自分自身の考えをもつことが大切です。自分の考えをもって物事を解決していく力、それこそが“生きる力”です。自己の確立は自尊心を醸成します。自尊心は子どもたちが生きていくうえでゆるぎない土台になるものです。そこから自信が生まれ、自己を律することができれば、排他的な感情をもとりはらうことができます。そして他(人・物・自然)への思いやりの心を育くむことにもつながります。ここでいう”工夫をする”とは単に”創意工夫”という定義を超え、子どもたちのよりよい育ちにつながる全ての要素を集約させた広義の意味と捉えられるものです。保育士自らも、既成概念にとらわれることなく、日頃より子どもたちへの投げかけの仕方に気を使い見守ってまいります。

2) 健康で思いやりの心、感謝する心を大切に育み子供が過ごしやすい環境のなかで、たくさんの遊びを通して子どもの可能性を発見し、意欲と個性を伸ばしていく保育を目指します。




健康 人間関係 環境 言葉 表現


健康

 生活

  • 基本的な生活習慣を養い、心身の健康を育みます。

 体操

  • 毎朝、体操に取り組む丈夫な体作りを行います。
  • 特別カリキュラムとして、月2回専門講師による体操教室を行います。

 給食

  • 家庭との連携をとりながら、月齢に応じて一部対応もします。
  • 食物アレルギーへの一部対応
  • 月〜金まで完全給食実施(土曜日はお弁当持参となります)
人間関係



 担当性

  • 0、1、2歳児の子どもの良い関係づくり、安心感と信頼を確立するなかで、個々の発達をめざします。

 異年齢(混合保育)

  • 3、4、5歳児のは異年齢(混合保育)のなかで、社会性、人間関係を身につけると同時に、豊かな心、人と人との交わりを育てます。

東松戸保育園 理念・保育方針

環境

 環境

  • 子どもたちが主体的にかかわり、年齢、発達に応じた空間整備を行います。

 おもちゃ・家具

  • 子どもがより安全に遊べるため、生活できるために、世界最高水準のドイツ製のおもちゃや家具を主に用意しています。
言葉

 絵本

  • 読み聞かせは、美しいことばから受ける力で豊かな心を育みます。

 英語

  • 情操教育の一環として、専門講師によるレッスンを行っています。
表現

 感性教育

  • わらべうた、たくさんの歌、役割あそび、構成あそび、机上あそび、体の発達に応じた遊具と実体験を通して創造性を養います。
  • 著名な先生を迎え、Art & Design教室を開講しています。"もっと自由に" を基本に枠にとらわれない創造性のある個性あふれる人間形成を目指します。

園の行事について

 東松戸保育園では、子どもたちの日常の生活、保育に支障を来さぬよう、行事ごとは極力少ないほうが好ましいという考えで行っております。ただし、文化的な日本の行事等を中心に保育カリキュラム、子どもたちの育ちを考慮し、年間を通して種々の行事を行っております。

続きを読む(園の行事一覧はこちら)






子どもを持つのは、なんと誇らしいことであろうか。子どもが食事をするのを眺め、子どもが大きくなるのを眺め、また夜、子どもが天使のように眠るさまを眺めるのは。<Péguy>