松戸市保育園 音のゆりかご保育園

食育の目標

現在をもっともよく生き、かつ、生涯にわたって健康で質の高い生活を送る基本としての「食を営む力」の育成に向け、その基礎を培うことが保育園における「食育」の目標です。

そこで保育園では、食を楽しく、楽しく食べるこどもへ成長することを期待しつつ、以下の実現をめざしています。⚪︎
⚪︎ お腹がすくリズムのもてる子ども
⚪︎ 食べたいもの、好きなものが増える子ども
⚪︎ 一緒に食べたい人がいる子ども
⚪︎ 食事づくり、準備にかかわる子ども
⚪︎ 食べものを話題にする子ども
< 保育所保育指針より >

食育の5項目

子どもの食を営む力の基礎を培うために必要な経験の内容を「食と健康」「食と人間関係」「食と文化」「いのちの育ちと食」「料理と食」の観点から考えます。

食と健康

 食を通じて、健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活を作り出す力を養う。

食と人間関係

 食を通じて、他の人々と親しみ支え合うために、自立心を育て、人とかかわる力を養う。

食と文化

 食を通じて、人々が築き、継承してきた様々な文化を理解し、作り出す力を養う。

いのちの育ちと食

 食を通じて、自らも含めたすべてのいのちを大切にする力を養う。

料理と食

 食を通じて、素材に目を向け、素材にかかわり、素材を調理することに関心を持つ力を養う。

音のゆりかご保育園の食事



安心で安全な食事

 給食は栄養士の指導のもとベテランの調理師が手間をかけて和食中心のヘルシーな食事を提供しています。

 食の安全の観点から食材のほとんどを国産にこだわり使用しています。だしにおいては顆粒のものを使用するのではなく、毎朝、かつお、こんぶからだしをとるなど手をかけて調理しています。

 また、年齢・発達に応じて食事を分けるなどきめ細やかな対応をしています。アレルギー対応に関しては、異なる食事を与えるのではなくなるべく、他の子どもとメニュー自体に差がでないように、食材、調理を工夫してバランスをとっています。



自立への大いなる一歩は満足なる胃にあり<Seneca>