育児担当制
親愛会の保育

保育の仕事を真剣に考えるなら親愛会

   社会福祉法人 親愛会 
真剣に保育に向き合いたいあなたが

親愛会の保育園で働くべき理由

Why you need to join us

育児担当制

吉本和子先生(やまぼうし保育園)の育児担当制を取り入れ担当制の次世代を担う園にまで成長いたしました。本当にこの担当制の保育をしたいという思いを持った職員が集まっていることで、プロ意識が高く、保育の質には自信と誇りを持って業務にあたっています。自信を過信することなく各種研修も豊富に取り入れながら日々研鑽を積んでいます。保育を一生の仕事として真剣に向き合うのであれば選ぶべき園としてご一考ください。

仕事への誇り

親愛会の保育園事業の職員は、正規、非正規問わず、さらにはどの職種の職員でも、自身の仕事に誇りをもって業務にあたっています。元より心の優しい職員たちですが、地域でこれまで培ってきた信用、期待を受けていることを理解しているからこそ一層、プロとしての意識が高まっています。子どもたちのため何が最善かを考えるという行動原理の元、園内外の研修も豊富に行なっており日々、技術はもとより子どもたち、保護者への共感性を高めより質の高い保育、園運営ができるよう職員の意識統一が自然になされています。

長〜く働ける環境

職員はみんな良い意味で真面目です。保育に真剣に向き合っているからこそ、みんなで高め合おうという意識が高いのです。さらに担当制を行う職員ならではの穏やかな空気、和やかな雰囲気に満ちています。アットホームで人間関係が良好だからこそ長く働き続けられるのです。実際に現在、10名近くの産育休者がいますが、全員復帰を希望されています。

親愛会職員8つのアドバンテージ

Eight advantages for employee of Sinaikai
きっちり帰れる
全体的に園の風土、風潮として自然に遅くなったり、帰りづらい、 帰れないという雰囲気はなく残業はありません。そのための業務管理を徹底して日課を組み立てています。降園時間が過ぎればほぼ、事務所も閉めます。もちろん行事前などで残務がある場合もありますが、 恒常的に遅くなることは今までにありません。
 
高い有給取得率
お休みは基本的にはクラス単位、もしくは園内、施設間で協力し合いお互いに補完し合います。 できる限り保有有給を消化していただけるよう主任と相談しながらシフトを調整します。研修に有給を消化させたりということもしておりません。しっかりとお休みし、 プライベートも充実していただくことが良い保育にも繋がると考えています。
 
保育園への優先入所

松戸市内の保育施設で保育士として働く人のお子さんの 保育所入所を優遇します。さらに育休から復帰すると、お子さんの保育料が最大2万7千円 (月額)安くなります。(千葉県の制度)また、市内であれば他園との調整も独自に行い現場で安心して働けるよう協力いたします。
 

表彰制度

法人独自、及び行政の表彰などがあります。親愛会の保育園で10年間以上の保育士に敬意を表し、法人から表彰状、金一封、及び松戸市長が表彰状および記念品を贈呈しています。お誕生日には職員全員にささやかなプレゼントがあります。
 

貸付制度[新卒向け]

新卒保育士が保育園等へ就職した際に、就職の準備にかかる費用の一部を、新卒保育士個人へ貸付けます。(上限額100,000円)

市独自の手当
通常給与より1年目から12年目:45,000円/13年目から20年目:46,000円から72,000円の上乗せがあり、 他市町村より優遇されています。
住宅関連の特典
① 住宅ローンの特別優遇
提携銀行[千葉銀行]より親愛会の職員は 特別優遇の金利で住宅ローン融資を受けることができます。
② スターツ(ピタットハウス)との特別提携により、 住宅購入時は10%割引賃貸の場合は、仲介手数料が30%引きになります。
家賃補助/住宅借り上げ制度
親愛会がマンション、アパート等の部屋を借り上げて、保育士の皆さん用に 住居を提供いたします(諸条件あり)。また、新卒保育士が、市内の賃貸物件に居住して市内の民間保育園、認定こども園、小規模保育施設に勤務する場合、その保育士が負担する家賃の一部(月額30,000円が上限)を補助します。

理 念

Our philosophy
 

ひとりひとりを大切に 

 
この言葉、きっとアタリマエ?と思うかもしれません。しかし、集団で過ごす保育園のなかで、本当の意味でこの”アタリマエ”を実践することは、そう簡単ではありません。だからこそ、この言葉には、子どもとかかわる姿勢の原点に立ち返り、真剣に子どもと向き合うための想いのすべてが込められているのです。 この理念を省略せずに表現すると「ひとりひとりを丁寧に大切に保育する」となります。この「丁寧さ」こそ、ひとりひとりを大切に保育するために忘れてはならない大事な気持ちです。特に乳児期から年月をかけて丁寧に育れられた子どもたちは、基本的生活習慣をふまえて自立できるようになります。そして、その後の情緒の安定には目をみはるものがあります。そのために、わたしたちは、「担当制保育」を通して理念の実践をはかっているのです。 

 

育児担当性

Way of our nursery - Tantosei

タントウセイって何?

 
最近では、家より保育園の時間が長い子が大勢います。保育士は完全にお母さん代わりですね。 だからこそ、「ひとりひとりを大切に丁寧に保育する」ことを理想としています。集団のなかでの丁寧さという難題をもって、少しでもその理想に近づくために「担当制」を取り入れています。「タントウセイ?」って何?と思われても仕方ありません。それもそのはず、保育士さんでさえ知らない方もいるくらいです。子どものための真の保育だということで厚労省でも推奨していますが、日本ではまだまだ浸透していません。 担当制では、保育士ごとに担当する子どもが決まっています。(これは言葉から想像がつきますね。)担当をもつことで、その子の生活を深く把握することができます。「食事、排泄、睡眠、着脱」などの援助が必要な行為、さらに「あそび」までも、計画性・継続性をもって携わることで、その子の状態が深く感じられるようになるのです。子どもたちが落ち着いて生活ができるよう、その子のリズムに合わせて保育します。個を尊重する担当制保育は、たしかに、仕事としては大変なのかもしれませんが、 わたしたちのミッションである「ひとりひとりを大切に」 を実践するために必要な保育なのです。
 

 

 
  

求める人材像

Target resources

保育という仕事に誇りと情熱を傾けられる人

 
 「好きこそものの上手なれ」とは、よく聞かれる言葉です。皆さんが保育士を目指された理由は「こどもが好きだから」「自分の先生に憧れていた」etc. 様々であるかと思いますが、実際仕事をする=社会に出るということは、想像以上に様々な局面に出会うことになります。  そして、みなさんが目指す保育士という仕事は、家庭に代わって「大切な子どもたち」を見守るという重大な責務とそれだけのやりがいがある仕事です。ある哲学者の言葉に「保育は、世の中にある仕事のなかで最も難しく、崇高な仕事のうちのひとつである。」という言葉がありました。仕事に優劣はないと思いますが、それだけ「誇り」をもって携われる素晴らしい仕事であるということです。そして、人間同士の関わりあいですから、なかなか答えのない、でないかもしれない仕事であること。だからこそ、常に学び続けていく意識が必要なのです。 親愛会の保育園では、是非、"保育" を一生の仕事として真剣に取り組んでいかれる方々のご応募をお待ちしています。


理事・統括施設長 久居 麻紀子

現場職員の声

Our staff's real voice

平成23年入職[保育経験8年]
東洋大学卒
現在の担当クラス:0歳児

Interview

 今の仕事のやりがいは何ですか?

就職活動を始めた頃から、担当制保育に興味があり、一人ひとりを大切にする保育をしたいと思い、採用試験を受けました。 現在0歳児クラスを担当しています。子ども一人ひとりあった援助や声がけ、保護者の方とのコミュニケーションなど、最初は戸惑うことも多くありましたが、毎日新しい発見があり、子どもの成長をすぐそばで、より深く見ることができるのが、何よりのやりがいです。

担当性を行なってみていかがですか。

一人のお子さんを、特定の保育士が責任を持って保育することで、「こんなことできるようになった」とか「今日はちょっとご機嫌が悪いのかな」など、きめ細かく把握することができ、それによってその子にあった援助をすることができると感じています。私自身もまだまだ未熟ですが、一緒に成長しながら、楽しく仕事ができる人を待っています。保育士の仕事にはチームワークが欠かせないことを知り、そう思っています。

 職場の魅力はどんなところですか。

クラスの先輩たちに、わからないことを聞きやすい雰囲気で、聞くと必ず私の目線でアドバイスをくれます。また「もしかして何か困っている?」と聞いてくれることもあります。また、園長が月2回のペースで新卒職員向けに勉強会をしてくれて、社会人としてのマナーなどを教えてくれるだけでなく、不安なことや困っていることを、素直に話せる機会を作ってくれています。同期が園内に他に3人いて、いろいろ相談できるので心強いです。先輩たちも、わからないことがあった時、「指導する」というよりも「一緒に考えてくれる」。園内研修も和気あいあいとした雰囲気でとても良い職場です。

 

平成24年入職[保育経験5年]
淑徳大学卒
現在の担当クラス:幼児リーダー

Interview

 今の仕事のやりがいは何ですか?

子どもの成長の土台となる部分に携われて成長を共に喜びあえることです。

 働きやすさについて教えてください。

職員同士で上下関係が厳しくなく様々な話をしていて自然にお礼や挨拶ができているところ。また、クラスの悩みを主任、園長が相談に乗ってくれ向き合ってくれるところ。意見を主任、リーダーに言える風土があります。

 どんな方と一緒に働きたいですか?

子どものことを第一に考え、向き合おうとする意識のある方、お礼や挨拶を大切にでき、喜び、悲しみなどを一緒に共有できる方。学ぶ気持ちを大切にできる方、お待ちしています。

 
 

平成26年入職[保育経験4年]
昭和女子大学卒
現在の担当クラス:1歳児

Interview

 今の仕事のやりがいは何ですか?

子どもの成長の土台となる部分に携われて成長を共に喜びあえることです。

 働きやすさについて教えてください。

職員の方々がとても温かく、相手の立場になって物事を考えてくださったり、声をかけて下さるところです。

 職場の魅力はどんなところですか。

理念の通り"子どもひとりひとりを大切に"するため全員が同じ意識を向いて進んでいるところが特に素晴らしいです。

日常の風景

Scenes in daily life - by FACEBOOK

ご応募の流れ

Recruitment process
Step.1 応募フォームに入力して送信

ページ内の現在応募できる求人から応募フォームに入力して送信してください。ご希望の職種が掲載されていない場合、直接お電話[047-712-1056]でお問い合わせください。

Step.2 弊法人より連絡

応募フォームでお申し込みの場合、内容を確認した上で、お電話またはメールにてご連絡いたします。その際、場合によっては履歴書などの郵送、メール送信をお願いする場合がございます。

Step.3 面接

履歴書、経歴書などにより一次審査後、面談をさせていただきます。場合により、面談の際、簡単な作文、実技(自己アピール)などを求めます。