特別養護老人ホーム親愛の丘

トップページ
   
施設(親愛の丘)
   
介護
   
入居について
   
サービス(各種事業)
   
交通(アクセス+  Map)
 

 

 ひとりひとりを大切に  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

News

新年、明けましておめでとうございます。

 
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 また、旧年中は、ご利用者はじめご家族の皆さま、地域の皆さま、すべての関係者の皆さまに多大なるご尽力をいただきました。本年も、更なる福祉サービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。 皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 今年平成31年は天皇のお代わりで4月30日を持って幕を閉じます。新しい元号は4月1日に発表されるそうです。どんな元号になるか興味津々です。
 さて、今年は4月から改正外国人出入国管理法が施行されます。さらには10月は、消費税が10%になります。社会的経済的にも激動の年が予想されます。特に出入国管理法は介護業界には朗報です。現在、和名ヶ谷の親愛の丘でも2名の技能実習生を受け入れていますが、5年間という期限付きです。ところがこの法律施行で実習生たちの能力があると判定されれば在留期間の制限がなくなり質のよい介護職員として永住できます。介護業界は外国人の力を借りなければ今後36万人不足するという介護人材を補うことが出来ないでしょう。制度の適正な運用で外国人が働きやすい労働環境を提供し日本人の介護職員と協働できる良い職場づくりをし、私たち日本人がこれからの超高齢化社会を安心して迎えられるよう年頭にあたり改めて目標としたいと思います。 

 
 

Philosophy
 
 

ひとりひとりを大切に

 

丁寧に介護します。
 
 
 
 
 親愛会は保育事業を運営してまいりましたが、特別養護老人ホームと養護老人ホームの開設にむけて、新分野への取り組みということで関係機関の協力を得ながら施設を開設いたしました。親愛会は「ひとりひとりを大切に」を理念に掲げ、保育を通じて地域の福祉の向上に貢献し、安心して生き生きと暮らせる地域づくりを目指し、その実現のため日々努力しているところです。
 
 介護事業もその理念は基本的にはかわりません。「介護サービス、保育サービスを誠心誠意提供することにより松戸市の福祉の向上とそこに暮らす人々が安心して生き生きと暮らせる地域づくり」を目指します。

 
 親愛会は特別養護老人ホーム親愛の丘、養護老人ホーム親愛荘、そしてそこに併設する在宅サービス事業を通じて個々のニーズにあった介護サービスを提供します。今まで以上に地域の人々とつながり、介護事業所、ボランティア、周辺自治会などとの連携も広がっていくことと多いに期待しています。また松戸市の福祉向上に貢献できる施設として市民からも期待されるよう努力します。
 
 関連法人の親愛ケアサービス有限会社は、平成12年介護保険制度施行以来介護事業を運営しております。当初は居宅介護支援、訪問介護、通所介護の3事業でしたが、平成18年3月紙敷に介護付有料老人ホーム親愛カトレア館を開設し、そこに全事業所を統合して現在に至っております。各事業所は、松戸市、市川市の在宅での様々な介護ニーズに対応してきました。独居の方の看取り、胃ろうなど医療依存度の高い方の通所での受け入れ、寝たきり予防のためのマッサージ機能訓練施術等により様々な出会いがありました。介護付有料老人ホームが満室になったのは開設一年後でしたが、それ以来ほぼ満室を維持してこられたのは、地域の在宅利用者による口コミ、他事業者の支えによるものだと思います。今後も地域での在宅サービスを基盤とし、24時間365日切れ目のない介護サービス体制で、重度化・認知症対応のニーズにも充分応えられるような介護のセーフティネットとしての特別養護老人ホーム経営を目指しております。
 
社会福祉法人 親愛会
理事長 久保柴の
採用情報
リクルート情報サイト
採用情報
施設内保育所