メッセージ

 
特別養護老人ホーム親愛の丘は20183月で創立3周年になります。そして10ユニット100人のフルオープンの達成も出来ました。
オープン当初は職員の離職とその補充のため、新規採用を繰り返しながら、唯々社会福祉法人としての使命感のもと、運営に取り組んだ苦労も、遠い昔のように感じる今日この頃です。
 
現在は、「一人ひとりを大切に」の理念の元入所者の尊厳を守る丁寧な介護を実践することで施設と介護の質を高め、入所者の生活を充実させ、生きがいをもって生活して頂きたいと切に願っています。
 
親愛の丘はこれからさらなる質の向上を目指し次なる成長段階に至ったことを私なりに自覚しております。そのためには共に歩んで頂ける人材を必要とします。
研修や委員会活動、イベント企画を通じて互いに学び合い切磋琢磨し、人として、介護職員として成長しませんか? 施設でもしっかり後押しし、支援します。
 
 



愛の丘で介護職の働きがいを見つけてみませんか? 働く人が働きがいを持ち、活き活きと仕事をすれば、入所者も共に喜びを感じるはずです。
親愛の丘で暮らせて良かった。「あなたに出会えて良かった」と入所者は思ってくれるはずです。
 
親愛の丘のユニットは職場でありますが、働く人と入所者とのコミュニティーであり入所者の生活の場です。入所者の生活の場を大切に出来る人ここで一緒にやっていける人として、私と入所者はこんな人材を求めます。
 
笑顔が好き笑顔がある正直である誠実である一緒に感動できる”、協調できる柔軟である人間が好き、一つでも当てはまる人、どうぞ施設見学にきて下さい。親愛の丘の雰囲気を五感で感じて下さい。そして興味を抱いたら是非応募してみて下さい。
 
 

社会福祉法人親愛会
理事長 久保柴の